スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ミミ事故☆奇跡の生還(涙)◆

※こちらの記事は、記憶が新しいうちにと書きましたが
時系列等あいまいな部分があるかもしれません。


こんばんは♪

今日は、私にとってわんこママ人生辛い日になりました。

いくら防いでも事故というものは、突然起こるものです。

4女ミミが、一時呼吸停止心肺停止状態になりました。

追記:念蜜に言うと、心肺停止状態ではないかも・・・
脳に酸素が送られていたかもしれません。


20091110mimi.jpg


事の発端は、たった一欠けらのりんごでした。

小さく切ったりんごを2時のオヤツに5匹にあげたんです。
◇いつもその子の体にあった大きさに切り分けます◇

そうしたら、ミミがお兄ちゃんたちの大きいりんごを取ってしまって
喉に詰らせてしまいました。

あっという間の出来事で・・・

他の子のを取って食べるというのは、私の想定外でした。
※普段、取るということはありません。

とここまでは、ガムでも何でも早食いのミミにはよくあることで
詰らせたら、いつもゲボして自分で吐いていたので

今回もその程度だろうと見ていたら、口から泡が出始め・・・
吐こうとするけど吐けないという感じでもがきはじめました。

いつものオヤツの風景は、一変にして悲惨な風景に変わりました。

「ヤバイ!」と思って、りんごを吐かせようとしますが、一向に出でてきません。

そのうち、ピンセットなどでかき出そうと試みるもまったくびくともせず(涙)

すぐにさかさまにし背中を叩き、首を平行にしてみたところで変わりなし。

それに加え、ミミのような小さい子は口も小さくて、なかなか中が見えず。
(一人だと特に、二人だと口を開いてもらっていればいいんだけど)

思いつく方法を全て試すが、回復せず・・・

このままでは、喉に詰った異物が気道を圧迫し、息ができなくなってしまいます。


やがて、ミミが気を失い、失禁し、ぐったりと動かなくなってしまいました。

首をうなだれ、まったく動きません。

とうとう、私の見ている前で呼吸停止状態になってしまいました。

◇この時、チャオ・ポッキー・ヒメ・ルナが一斉にほえ始めました
犬って危険な状況を察知するものです。
動かないミミを見て、心配したのだと思います。
この兄弟・姉妹愛に感激・涙◇


正直、もう無理だと・・・思いました。

◇この時、異物さえ取れれば助かるのにそれが取れなくて
助けられる命を見てるだけの状態というのがとても辛かった><
短い時間ですが、悪いことばかり頭をよぎります
土曜日ミミだけお祭りに連れていったのは、この予兆だったかな・・・とか
りんごなんかあげなきゃよかったとか・・・
私が悪いんだとか・・・◇


でも、まだ心臓はかすかに動いています。

ここまでの時間がだいたい3分前後だったと思います。

◇時間など見ている余裕はなかったのですが、病院の時計で確認◇

すぐ様、病院へ行く支度をし、形振りかまわず家を出ました。

時間は、15時。我が家の近所にはわりかし動物病院がたくさんあるのですが

だいたい午後は16時開始なので、電話しても無駄だと思い

飛び込みで1番近い病院へダッシュ!

◇後から思えば怖い決断ですね!でも断られたらタクシーで救急まで行くことも考えていたので。
だって、呼吸していないんだから、気道が確保できないんだから、動かないんだから
近いにこしたことはないでしょう?◇


「死なないで~神様お願い助けて、ミミごめんね」と泣き叫びながら病院へ向かいました。

◇すれ違う人は、なんだ?!と思ったかもしれません◇

信号待ちの間も、気道が確保されていないのに必死で人工呼吸・・・

鼻と口を私の口で覆って、何度も何度も息を吹き込みました。

そうしたら!奇跡が・・・・

神様、本当にありがとう!

本来は、心肺蘇生を施すのは気道確保がされてないとできないのですが

私の息を強く入れたせいで、なんと異物が移動し
◇たぶん、胃の中に押し込まれたんだと思います◇

栓の抜けるような「スポン」と音がしました。

どこでだったか覚えていないのですが
いろいろやりながら病院へ向かっている間にようやく気道が確保されました。

それでもまだ気を失ったまま動きません・・・

それから、人工呼吸と心臓マッサージを繰り返していましたら

コホン・コホンと咳き込みました。

動いた!!!!!!!!!

「わ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ミミちゃん助かった~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~」


でも、まだ意識朦朧状態です。

脳に酸素がいっていなかった時間も気になります。

動物病院のインタホーンに向かって「助けてください」と泣きながら懇願しました。

すぐさま、動物看護士と獣医さんが対応してくださり

いろいろ検査や処置が進められていきました。

20分経った頃、「もう大丈夫ですよ」と獣医さんからの言葉。

運ばれた時は、歯茎が真っ白でチアノーゼを起こしていたらしく
今は、赤みも戻り血液も循環しているとのこと。
レントゲン写真の結果は
「異物は、もう胃の中にあり、食道に残っておらず安心してください」
「でも、肺に影がありますね。
これは、喉に詰った時にいろんな水分(唾液など)を一緒に肺に吸ってしまい
その水分が写っているんです」

そのうち水分は、組織に吸収されてなくなるとのことですが
それまでに水分に何らかが感染してしまうと肺血症などを起こししてしまうらしい。
あと、喉に傷が出来てしまったのでということで
「抗生剤」「炎症止め」の注射を打たれました。
後は自宅でゲージなどに入れて、安静にさせておけば大丈夫。
また、金曜日に診察ということで

大好きなお家にミミが戻ってきました!!!無事生還です!!!

【助かった理由】
○いつもオヤツをあげる時は必ず食べ終わるまで見ている。
いない時に詰らせていたら、助けようがありません。
○どこの動物病院が近いか調べられていたこと。
○内容はともかく、ある程度救急処置について知識があったこと。
○慌てなかったこと(自分でも驚きだけど冷静だったかな)
事故から病院まで、10分以内だっと思う・・・
↑これは以前していた職業病柄ですね!
○決して最後まであきらめなかったこと。
○やっぱり運が良かったとしかいえません。
だって、気道も確保されてないのに人工呼吸しちゃって
それで、不思議なことに異物が胃まで入ったんだから・・・
偶然の産物とでもいいましょうか
もう無理だと思い、いちかばちか必死でやった最後の手段でした。
これは決してマネしないでくださいね!
運が良かっただけなのですよ*^^*


【反省点】
・早食いはさせないように工夫をする(ミミ・ルナ)
※犬の本能から言えば、咀嚼せず丸飲み、早食いは当たり前なので
何か早食い防止のフードボールなど工夫する必要ありですね。

【獣医さんより】
・今回は、私が吹いた息かどうかわからないけど運良く胃まで通ったけど
食道途中で止まり、気道を圧迫した場合はもっと危険。
・もし、のどに異物がなく呼吸が苦しそうならば
異物が食道で止まっている可能性あり。
その場合は、内視鏡で取るのが懸命な処置なので
内視鏡のある病院を調べておく必要あり。
(こちらの病院にはないみたいでした)
・救急処置については、口を大きく開きやはり長いピンセットなどで取り除く
逆さにして背中を叩くなどでいいそうです。

今日は、旦那が仕事で出先だったので、連絡がなかなか入れられず

16時に終わると聞いていたので、すぐさまメール。

そして、帰ってきた旦那が一言

「運が良かったのと、ママががんばったからだね」と言ってくれて

大泣きの私。

今日の出来事だけども、ミミが呼吸停止の時の見開いた目の姿が

フラッシュバックします。

それを思い出しては、今ここにスヤスヤと眠っているミミを見て

本当に助かってよかったと思う私です。

その気持ちを皆様にお伝えしたくてすぐにUP次第です。

脳に酸素がいかなった時間がどれくらいか定かではないのですが

先生が簡易検査したところ、耳、目、四肢は反応しているとのことです。

まだ予断がゆるされませんが、今日の夜を乗り越えれば大丈夫だそうです。

あとは、金曜日にまた病院へ行ってきます。

余談ですが・・・
家を留守にする時、寝室、リビングなどは全て戸を閉めて行くのですが
◇開けていると、イタズラ、マーキングしちゃったりするので◇
今回、そんなのどうでもよくて閉めずに病院へ行ってしまいました。
だって!命のほうが大事だもん*^^*
でもね・・・さすが、うちの子!(親バカ)
心配だったのか、玄関が見える廊下で4匹お座りで待ち
吠えもせず、「きゅんきゅん」鳴きながら
ミミの体を舐めていました。(うわーーーママ感動・涙)

20091110mimi2.jpg
早く元気になってねミミしゃん♪

時間外なのに、診療してくださった○○動物のスタッフの皆様
本当にありがとうございました。


それから、信じるものは救われるではないのですが
神様ありがとう!そして虹の橋のメルちゃんもありがとう!
やっぱり今日助かったのは、が良かったとしかいいようがありません。

これからも、防ぎようのない事故はあるかもしれませんが
慌てず冷静に対応できる術を身につけておきたいと思った私でした。
今回は、幸運が重なり助かったのでしょう。飛び入りで行った病院、気道も塞がっていたのにやってしまった人工呼吸、全て必死で試してみました。
それでも助けられないことだってあるし、本当に幸運としかいいようがありません。
でも、今横にいるミミを見て本当に助かってよかったと思う私です。
長文・乱文、お読み頂きありがとうございました*^^
スポンサーサイト
     

コメント

本当に良かったです!

ミミちゃん!!助かって本当に良かったです!
Fuuママさんの想いが通じましたね!
今夜もきっと何事もなく乗り越えられますよっ!!!
私もそう信じていますっ!!!
Fuuママさんも本当に頑張られましたね。
というか、絶対に諦められませんよね。
読んでいてFuuママさんの気持ちが凄く分かって・・・
「助けてください」で涙が溢れてきました。
ミミちゃん本当に良かった☆
そして、みんなもママの様子を見ていて何かが起きた事を分かっていたでしょうし
ミミちゃんの事が心配だったんでしょうね。
ワンコもちゃんと家族愛を持っていますよね。
私も多頭飼いをしてみて本当に良かったと思う事ばかりです。

いざという時はなかなか冷静にはなれないけど
今回のFuuママさんは素晴らしかったと思います☆
母の愛は偉大です♡

思わず電話しそうでした。

このブログを今読んで、思わず電話しそうでしたが、時計を見てやめました。本当に本当によかったです。途中から泣けてしまいました。FUUママさんが対処の仕方を知らなかったら、もうミミちゃんは死んでいたのかと思うと、ただ運がよかったではないですね。FUUままさんだったから、助かったんですね。今夜をこせばっていうところが気になってますので、できたらまた明日様子だけでも簡単にブログ更新してもらっていいですか。

事故って、ほんとに思いもかけずにあるのよね。
ミミちゃん、助かってよかった。
パピさんは、小さいから、リンゴのかけらでも詰まってしまうのね。
でも、Fuuママがいてよかったよね。もし、いない場所で・・・だったらと思うとゾッとします。

後遺症、何も残りませんように。

本当に本当に助かって良かったです~(ノ△T)
うちのステもナシのかけらで同じように(泡ブクブク)なって
その時の恐怖がまだ消えていないので
ママさんがどれほど辛い恐ろしい思いをしながらあれこれ試みたかと思うと…ウルウルします。
我が家は横取り早食い丸飲みは日常茶飯事なので
いつかまたやりそうで怖いです。
最短ルートの病院調べをしておかなきゃ。
お互いに気をつけましょうね。

わぁぁぁぁん!(号泣)
ミミちゃん、助かってよかったーーー!!
Fuuママさんの対処がよかったからだね。
本当に良かった!
アンも1歳くらいの時にりんごをノドに詰まらせそうになったことがあります。
幸いすぐにカッ!って吐き出せましたが
もしもその時、ミミちゃんのような状態になったらFuuママさんのような行動が取れたかって考えると
たぶんオロオロするばかりで何も出来なかったんじゃないかと思います。
アンも丸呑みタイプで、カリカリフードでもむせるので
ちょっとこの先のフードとか、ちゃんと考えようと思います。
私も、一番近い動物病院とか、内視鏡のある動物病院を調べておくことにします。

今日のミミちゃんの様子も教えてね^^
元気なミミちゃんになってますように。

実は、ワタシは不注意でタバサを2度ほど殺しかけています。その時は遺影の中でニッコリしているタバサが頭に浮かびました^^;
幸い今こうして元気にしていますがワンコって絶対ってなくて思いもかけない事をしてしまうことがあるから気をつけないといけないですよね。
ミミちゃん助かって良かったですね。
本当に良かった。。。。
Fuuママさんの諦めない努力がミミちゃんを助けたんだと思いますよ^^

こんな時、やっぱり大事なのは近い病院ですよね。なんといっても緊急の時にすぐ行ける病院、これがないとね。
ウチはホームドクターは誰が何といっても最も家から近い病院にしています。
やっぱり緊急時にすぐに行けないのが一番怖いです。それでも歩いて(走って行くと)10分前後はかかってしまうのでいつでも自転車に乗せて行けるように準備しています(しゅうは大きいので準備が必要なので)。

元気になるとまた恐怖が薄れてしまいがちになりますが、応急処置とかワタシももう一度確認してみようと思いました。ありがとう^^


ブログ記事読んで震えがきました。
ミミちゃん 本当に命が助かって良かった
パパママ兄弟のお家に無事に帰ってこれて良かった。
ミミちゃん呼吸停止になった時のママの気持ちを
考えると胸が張り裂けそうでした。
我が子のぐったり姿見ただけで私ならオロオロするだけで何も出来なかったと思います。
ママさんのとっさの判断救命措置祈りがが
ミミちゃんを救ったのだと思います。
ミミちゃん きっと大丈夫
以前と同じように元気になりますよ
ミミちゃんが早く良くなるように祈っています
 

こんにちは~。
ミミちゃんよかった!
本当によかった!!!
Fuuママさんも頑張りましたね。
とにかくよかった~~~。

そんな大変な事が起きていたなんて、今会社でブログを見て驚きました。
ママさんの冷静な対処に感服しつつ、その時の気持ちを思うと、
会社なのに涙があふれてしまいました。
わがコを思うあきらめないママさんの気持ちと、4ワンの家族愛が届いたんだと思います。
家族ってすばらしいですね。
私がその状況になったらどうするか、そんな状況は想像したくないことですが、
いつもはビービー泣いている私でも、そんな時だけは力が出るんじゃないかと思います。
だって、かけがえのないわがコの命、簡単にあきらめられるわけがありません。
私も応急処置の勉強してみます。
ルビパルは早食いなうえに、拾い食いまでするので心配になってしまいました。

本当にミミちゃんが助かってよかった・・・
がんばったママさんは、パパさんと4ワンにいっぱい褒めてもらってくださいね。
後遺症とか残りませんように・・・

ブログを読みながら、血の気がひく・・・とはこういうことか・・と思うくらい寒気がしました。
でも、本当に、本当に、ミミちゃん無事で良かった~。。。
もう、安堵でわたしも泣きそうです。
ママさんの、咄嗟の救命措置、すごいです。
改めて、いつこういう場面に出会うかわからないので、応急処置のこととか、考えなくてはいけない・・・と思いました。

ママさん、ミミちゃんきっと大丈夫ですよ。
ママさんの強い思いとミミちゃん自身が持つ強い力・・・そして天国にいるメルちゃんが守ってくれています。

本当に良かった!!!

奇跡・・・本当に素晴らしい奇跡でしたね。

ママさんがこれを書いてくれたから一層
私の注意も高まり、すっごく勉強になりました。
ママさんの思い、願い、ミミちゃんを大切に
思う心がこの奇跡を起こしたんだと思います。
そして、ママさんの愛情の深さが改めて
とっても深いと感じました。
よかった・・・本当に良かった!!!!
めちゃくちゃハラハラしちゃいましたよ(汗)

パパさんもとっても優しくて愛情深くて
6ワンちゃんも、ママさんもハッピーですね!
みーんなで大きな愛情に包んで包まれて、
とっても素敵で感動しました。


うちも気を付けなくっちゃ。。。

ミミちゃん、完全復活までどうか安静に・・・
元気な姿を見られることを楽しみにしています!

ほんとうに、良かった

強い愛が通じたのですね。
近所のお医者さんまで、ダッシュで走った、その震動が良かったのかもしれません。
このまま、良くなることを祈っています。

それにしても、背中を叩いてはいけないんですか?知らなかったです。

家もチビパピルウには、気を遣います。
お食事の時は、ルウだけ路地のような場所で食べさせています。路地の入り口にhatataが大仏のように座っています。
路地で食べさせるようになってから、ルウの食べる速度が遅くなりました。
固いオヤツはhatataが抱っこして、片方の端をhatataが手で持った状態で食べさせます。
りんごなどは、ルウの気道のサイズにあわせて、みんなの分、細く小さく刻んでいます。

コメントしてくれた皆様へ

今回の事件は起こらなければよかったことだけれど、こうやってFUUままがアップしてくれたことで、みなさんの工夫やコメントも読めて、私の事故防止予防にもすごくつながったと思います。

うちは車がないので、至急友達にかしていた自転車を、こういう場合のために返してもらうことにしまして。救急法のホームページを探して、心臓の位置も指で確認しました。もちろんおやつやごはんは今度から見ている前でだけあげることにして、大きさも注意して、、。

きっとこの事件を知ったことで、それぞれのおうちが緊急への対応などを改めて考えますよね。そのことで未然に事故がきっと防げて、ミミちゃんのおかげで救われることになった命があるのではないでしょうか。

こんなに詳しくアップしてくれたFUUママさんに、ご自分の工夫などをコメントしてくれた皆さんに、とっても感謝です。ありがとうございます。

ありがとうございました*^^*

v-22Miuさんへ
お返事遅くなりましたが
ミミのこと心配頂いてありがとうございました*^^*

> というか、絶対に諦められませんよね。
> 読んでいてFuuママさんの気持ちが凄く分かって・・・
> 「助けてください」で涙が溢れてきました。
ありがとう。やっぱりみんなママの思う気持ちは同じだよね・・・
もう本当にダメだと思ったのよ・・・息ができないんだもん。
あきらめきれないよ!絶対に絶対に絶対に・・・。

> ワンコもちゃんと家族愛を持っていますよね。
> 私も多頭飼いをしてみて本当に良かったと思う事ばかりです。
そうなんです。ミミが動かなくなった瞬間
周りでわさわさと動いていて4匹が一斉に止まって
「わんわん」や「きゅーーん」って鳴き声を発したんです。
それを聞いて、より助けなきゃって思いました。
普段の生活でも、けんかを止めに入ったり
具合が悪い子のお顔を舐めてあげたり
本当にワンコって素晴らしいなってあらためて思いました。

> 母の愛は偉大です♡
うんうん。母の愛は偉大だと感じました。
もっと肝っ玉母さん目指してがんばりまーす。

ところで、Miuさんブログ村辞めちゃったのねぇ~(涙)
私もそろそろと思っているところです。
お友達も増えたし、順位も低迷しているし(笑)
ゆっくり休んでくださいね*^^*

本当にいろいろありがとうございました♪


ありがとうございました*^^*

v-22Miuさんへ
お返事遅くなりましたが
ミミのこと心配頂いてありがとうございました*^^*

事故の時は、本当に心細かった・・・一人って大変だなと思いました。
処置の内容は別として
少しでも知識があって役に立ちました。
後から思い出せば出すほど怖くなってきて
今でもあの光景は目に焼き付いちゃってはなれません。
絶対無理だと思いました。
でもこうやって無事元気になれたこと
本当にうれしい限りです。

野原ママももしなんかあったら電話遠慮なくしてくださいね~*^^*

本当にいろいろありがとうございました♪

ありがとうございました*^^*

v-22MASAさんへ
お返事遅くなりましたが
ミミのこと心配頂いてありがとうございました*^^*

もう本当に助かってよかったぁ・・・・・
そう、ミミみたいな小さい子だったからかもしれません。
レントゲンで見たら、喉から食道から胃まで本当に細い。
これじゃ詰るよなとあらためて思いました。
ミミは、パピーサイズなので、パピーと同じような
フードの扱いが必要かもしれません。
嚥下する力も弱いのかもしれません。

そう・・・よく留守中に、ガムを与えるとか耳にしますが
これ怖いな・・・と思いました。
見ている前でも、結構ガムが詰る時ってありますものね。
これからは、もっといろんな事に気をつけたいと
思った次第です。

本当にいろいろありがとうございました♪

ありがとうございました*^^*

v-22ママぞうさんへ
お返事遅くなりましたが
ミミのこと心配頂いてありがとうございました*^^*

これは体験したことのある方にとっては
本当に恐ろしいことですよね。
ステファニーちゃんは、それからナシが出てきたのかな?
いつもの早食い、ガムでゲボゲボなるのわかりますが
泡吹いたらやっぱりいつもと違うと思うし
もうもがきはじめちゃったら、「ヤバイ」と思いますよね。
もう、こんな怖い思い絶対したくないと思いました。
私もママぞうさんと同じで、何度も何度も思い出します。
そして、ミミのあの顔が忘れなれないのです><
しばらく、りんご恐怖症になりそうな私です。

最短の動物病院を決めておくのはとっても良いと思います。
できれば、第2候補くらいまで!

本当にいろいろありがとうございました♪

ありがとうございました*^^*

v-22ミニさんへ
お返事遅くなりましたが
ミミのこと心配頂いてありがとうございました*^^*

本当に助かって良かった~
もう今はその一言に尽きます><
今、ここで動いているミミを見ているだけでとっても幸せな気分です。
あ~本当に良かった*^^*

そういつものように吐き出してくれればよかったんだけど
ちょうど大きさが喉にはまってしまったんでしょうね・・・
いやいや私も一瞬オロオロしてしまいましたが
「死なせたくない」って我に返りました。
だから、結構そういう場に居合わせても冷静に対処できると思いますよ。
特に女性は・・・・(笑)

また、ミミも含め一緒に遊んでくださいね!

本当にいろいろありがとうございました♪

ありがとうございました*^^*

v-22しゅうタバママさんへ
お返事遅くなりましたが
ミミのこと心配頂いてありがとうございました*^^*

辛い経験をお話してくださってありがとう(涙)
そう不謹慎だけど・・・そういう頭に浮かぶんだよね・・・
それくらいもう無理だと私も思いました。
タバちゃんも、強運の持ち主なのねぇ~*^^*

そうワンコって、飼い主が考えないようなことをやることがあるので
防ぎようのないことってたくさんありますよねぇ・・・
あらためていろいろんなことを考えさせられました。
本当に自分でもあきらめなくて良かったと思いました。

そう!今回動物病院をいろいろ調べていて良かったと思いました。
本当に役に立ちました。
今回ダメだったのでは、自転車がなかったこと・・・
3台あるのですが、1台は先週駅に止めて没収
もう一台は、スポーツ自転車なので私は無理
もう一台は、パパが駅まで乗っていったのでなくて
ダッシュでした!私が心臓止まるって思ったんだけど
火事場のバカ力が働いたようです(笑)

ママさんのおっつしゃる通り、こういうことって起きてからでしか
わからないことがたくさんあるんですよね。
起きないのが1番だけど・・・
5匹もいるので、ミミが体を張って救急の大切さを
教えてくれたのだと思っています。

本当にいろいろありがとうございました♪

こんばんわ!

昨日記事を見て本当に血の気が引きました(泣)
もし、自分がFuuママさんの立場になったら・・
考えただけで恐ろしいです
Fuuママさんのようにきちんと対処できるかどうかは
不安ですが少なくとも緊急の場合どこの病院へ行くかは
確認しておこう!と思いました。

ミミちゃん 順調に回復しているようで
本当によかったです!

野原くんママが書いているように Fuuママさんが
こうしてきちんと書いてくれたこと
皆さんがそれに対してのコメントを入れてくれることで
それぞれがあってはならないけど万が一の時の対処法を
考えたと思います。
Fuuママさん 皆さん 本当にありがとうございましたm(..)m

ありがとうございました*^^*

v-22なーさんへ
お返事遅くなりましたが
ミミのこと心配頂いてありがとうございました*^^*

今でも思い出すと、胸が締め付けられて苦しくなります。
それほど私にとって辛い経験になりました。
ミミ自身も「生きたい」って思ったのかもしれません。
その思いと今回の処置が重なって
救えたのかなと思います。

なーさんもラブちゃんのことでいろいろ経験なさっているから
手術の夜なんか、きっとこういう落ち着かない気持ちで
おられるんだろうなと考えてしまいました。
ラブちゃんはあれから大丈夫でしょうか?!

本当にいろいろありがとうございました♪

ありがとうございました*^^*

v-22ルカさんへ
お返事遅くなりましたが
ミミのこと心配頂いてありがとうございました*^^*

ルカさんお忙しいのに・・・コメントありがとう。
まさか!ミミがって感じでしょう?
この前のオフ会が最後になるところでした。
こんなんことなら、もっといろんなことに参加させればよかったとも
思ったので
また遊んでくださいね*^^*

本当にいろいろありがとうございました♪

ありがとうございました*^^*

v-22るびぱるさんへ
お返事遅くなりましたが
ミミのこと心配頂いてありがとうございました*^^*

うわぁわざわざお忙しいのにコメント頂いちゃって
本当にありがとう><
そうですよね・・・これが他の家の子でも私も思いを知ったら
泣いてしまうと思います。
本当に家族の素晴らしいと思いました。
いつも旦那がいるので、いろいろまかせちゃうことも多いので
少し一人で心細かったのですが・・・
やっぱり母の愛は偉大です!
眠っている力が働くのだと思いました。
救急処置は役に立ちました。
なるべくなら経験しないのが1番良いのでしょうけど
今回の件で、予防策や処置について再認識することができたので
本当に良かった*^^*

大丈夫とはいえないけど、やっぱり早食いの子や
何でも食べちゃう子は、要注意ですね><
でも、犬本来の飲み込めるはずなので
うちの子は、きっといろいろ重なっての事故だと思うので
そんなに怖がらないでくださいね*^^*

また元気になったら、イベント等に連れて行きますので
ぜひ遊んでくださいね!

本当にいろいろありがとうございました♪

ありがとうございました*^^*

v-22ちいままさんへ
お返事遅くなりましたが
ミミのこと心配頂いてありがとうございました*^^*

今でこそ、こうやって記事にもUPすることができて
コメント返しも出来ていますが・・・・
これがもし・・・という方向へ行っていたら
私はこうやって皆様に報告できなかったかもしれません。
今もなお、その時の様子が脳裏に焼きついちゃって
なかなか頭からはなれません。
本当に助かってよかったという言葉に尽きます。

救急処置ってよく本なんかでみるけど
やっぱりよく知っておくべきだなって考えました。

そうなんですよ・・・メルの仏壇を見たら
なんだか泣けてきました。
絶対助けてくれたのだと思います。
「私の分まで生きて」と言っている感じがしました。

本当にいろいろありがとうございました♪

ありがとうございました*^^*

v-22ぴのネェネさんへ
お返事遅くなりましたが
ミミのこと心配頂いてありがとうございました*^^*

今回の件は、本当にいろんな事が重なって救えた
奇跡!の体験だったと思います。
病院の受け入れのことや、ある拍子に異物が取れたことなどなど
本当に奇跡の生還でした。
毎日の生活でいろいろ気をつけているんだけど
事故が起こるときはほんの一瞬で・・・
まさに天国から地獄って感じでした。

うんうん、やっぱり家族は大事だよね!
夜、パパと5匹と天国のメルちゃんと私と
こうやって一緒に居られることのありがたさを
あらてめて実感しました。

ネェネさんは、ブログで見たけど
風邪は大丈夫なのかしら?!
睡眠不足は、免疫も低下しがちだから
ゆっくり寝て治してくださいね*^^*

本当にいろいろありがとうございました♪

ありがとうございました*^^*

v-22hatataさんへ
お返事遅くなりましたが
ミミのこと心配頂いてありがとうございました*^^*

愛が通じた!なんて素晴らしい言葉!
そうですね!振動が、除細動と同じ働きをしたのかもしれません。
今のところ問題なさそうなのですが
明日、病院に行って結果良好だとうれしいです。
変な咳もしなくなったし大丈夫かな?!

> それにしても、背中を叩いてはいけないんですか?知らなかったです。
たぶん大丈夫だと思います。
私もそれしか浮かばなかったので・・・
今度あってはほしくないけど、もしあってもその方法を試みると思うし。
あの記事は消しちゃいますね。混乱しちゃうといけないので。
ネットは情報が氾濫しているので、困ります><

うんうん。そうですよね・・・
プチパピがなる率が高い事故かもしれません。
レントゲン写真見ても、食道、気道ともに細いですもん。
ガムも見てるだけでなく、ミミに関しては
気をつけて食べなくてはと思いました*^^*

本当にいろいろありがとうございました♪

あはは

v-22野原ママさんへ
こんばんは♪
全て代弁してくださってありがとうv-238

正直なところ、あまりにも突然の出来事で
記憶のあいまいな部分も多いし
この処置が本当に良かったのかと思ったりもして
詳しくUPするかしまいか迷いましたが
2度とこのような、いや絶対このようなことは起こしたくない
そして、防げるならばそれが1番良いことなので
記憶の新しいうちに書きました。

これを読んで皆さんが、それぞれ救急処置や突然の事故について
いろいろ思って頂ければ幸いです。

自分の子が愛しいように、お友達のわんこも私にとっては愛しい存在です。
これからも、皆様の愛犬が健康で幸せに暮らせますように・・・・・

ありがとうございました*^^*

v-22しぐママさんへ
こんばんは♪
今回は、何度振り返っても恐ろしくて恐ろしくて
自分でもよくやったなという感じなのですが
何よりも、今ここにいるミミが元気にいてくれて
本当に良かった*^^*

コメントをくださった皆様にも感謝です*^^*
どんなに励まされ、いろいろ勉強になったことか!
そして、こんなに仲間がいるんだという
勇気もわいてきました!

明日また病院が終わったら、いろいろなことをUPしたいと思います。

本当にありがとうございました♪
Secret

     
いつもありがとうございます*^^*
ご訪問ありがとうございます♪
親バカ日記ですみません
コメント大歓迎です!
気軽にコメントしてくださいね♪
2010年離島暮らしへ
2011年新たな生活へ
プロフィール

長男 2006.11.15生
カラー:ホワイト&レッド
ママっ子です


次男 2007.1.3生
カラー:ホワイト&レッド
とても優しいよ


長女 2007.3.28生
カラー:ブラウン&ホワイト
気が強く勝気です


次女 2007.6.20生
カラー:レッド&ホワイト
食いしん坊さん


四女 2007.10.4生
カラー:レッド&ホワイト
1.8㌔の極小女の子


三女 2007.8.1生
カラー:スチールブルータン
2008.8.16天使になりました

*script by KT*


管理人☆Fuumama
親バカ度120㌫♪

旦那様☆yoppi
○○年上旦那様
体を鍛えることが趣味
親バカ度110㌫♪
我が家専属トリマー
仕事魔
仕事の関係で行った国の数
なんと63カ国!
裏事情詳しいデス

Fuumam

Author:Fuumam
FC2ブログへようこそ!

最新記事
リンク
☆ドックイベントクラブさん☆
ドックイベントクラブさんの
ドックスポーツに
参加させて頂いてます♪
どんなワンちゃんも楽しめるのが
魅力です☆
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。